【新潟県の恐怖体験】人柱供養堂
【不思議体験】うちの家系つーか母方の血筋に限った話なんだが、婚前の女は不思議な力を持っている。 予知夢見れたりやたら勘が良かったりとか。
【恐怖体験】そこら一帯は、秀吉が銀山を狙い城をおとした古戦場跡だ
【青森の恐怖体験】津軽で飢饉があったとき、ある女が放浪していた
【不思議体験】家の家系は代々百姓(まあまあな地主)だったんだけど、ある時期から男児が産まれなくて大変だったらしい。
【恐怖体験】うちの先祖松○党だからな、絶対呪われてるだろう
【恐怖体験】長野のおじろくの話とかと、似たような制度が実家の実家?にあって、俺は親戚の子らとそいつをシロって呼んでた
【恐怖体験】因縁を絶つ手段
【恐怖体験】記憶にあるのは白いふさふさの尻尾
【不思議体験】先祖の方にも祝福されたかったなー
【不思議体験】うちの家系は代々超能力を発現した者が後継ぎとなる
【不思議体験】4代おきに墓がない、遺骨?が無い
【不思議体験】彼はすれ違う人たちと挨拶を交わしていたがすれ違う人が皆彼を無視するようになった。
【不思議体験】彼女がまだ学生の頃、家族で山小屋に泊まったのだという。
【箱根仙石原の不思議体験】何かの気配がし其処に立ち止まっていると突然、前の自分の背丈よりも高い葦の上に・・・
【不思議体験】とある目的で、入山が禁止されている山に入ったのだそうだ。
【恐怖体験】「こっちに来ないでくださいこっちに来ないでください」と心の中でひたすら呟き続けたそうです。
【恐怖体験】望みを言え。お前の大事なものと交換してやろう。
【恐怖体験】無精者の親父は祠の手入れだけは欠かさず、今際の際にも「あの祠を大切に守れ」と言い残して死んだ。
【恐怖体験】十六人谷
【恐怖体験】絶対に主と契っちゃならねえ
【恐怖体験】林道の工事にあたって木を伐採することになった。
【恐怖体験】MTBで爆走し、小さな湖のほとりで休憩していた。 日没に赤く染まった湖面を眺めていると、妙なものが目に入った。
【不思議体験】十数年前の春、前年に亡くなった父親の墓石が裏山の墓地に置かれた
【恐怖体験】山小屋で老人はノコギリの手入れ 若者は酒をたしなんでいたら、闇の中からスダレを少し上げて中を伺う人物がいた。
【恐怖体験】行方不明者の捜索で山に入っている時のこと。 遺体が発見されたとの連絡を受けて、応援に向かったのだそうだ。
【都市伝説】気のせいか、なんとなく地蔵さまの顔が得意気に見えた
【不思議体験】彼の実家では、毎年暮れに餅を搗くのだそうだ
【福島の恐怖体験】いきなり頭の方に「うわんうわん」と衝撃波のようなものが感じられ、手足がだるく 口ががくがく動き始めたのです。

アンテナっす

運営者HN:ゆう